VAPEの知識 RSS

PG / VGのレートはどれを選ぶべきか。ノンフレーバーの高濃度ニコチンベースはどの割合を選んだら良いかご相談を受けたので、まとめてみました。 Vapeリキッドを発注するときPG/VG が 40 / 60、30 / 70、50 / 50など記載があります。 まず、電子タバコリキッドは何でできているか。基本的には、ニコチン、PG(プロピレングリコール)、VG(植物性グリセリン)および香料です。これらがリキッドの主成分です。 植物性グリセリン(VG)は濃厚で甘い液体です。 VGは蒸気の煙りを生成し、甘さを与えます。 プロピレングリコール(PG)は、はるかに薄い無味の液体です。 PGはVGがするよりも喉へのヒットをを生み出します。喫煙感を感じられます。しかし、一部の人にはアレルギーをお持ちでVG100%のリキッドをご利用されています。 オススメはPGとVGを50/50混ぜるところからはじめることです。十分なスローヒットが得ていないならば、PGをふやして、70/30 の PG/VGのミックスを試してみてください。また、もっと煙りをだしたいという場合は逆に30/70にしてVGを多くしてみましょう。 下記の図でざっくり違いがわかります。 (各項目の和訳) Popularity 人気 Viscosity 粘度 Gunk Build Up 焦げ付き Allergy Risk アレルギーリスク Flavor Intensity フレーバーの強さ Throat Hit スローヒット(喉への喫煙感) Vapor Density 水蒸気の量 Vapor Temp 水蒸気の温度 Wick Material Absorption Time 芯材の吸収時間 ぜひ、リキッドを調合するときに参考にしてください。

続きを読む