Shop News RSS

本年は様々な規制が追加されました。当店は試行錯誤の上、今のところアメリカの様々な規制にかからないように商品を提供できています。 JUULの互換PodはJUULから訴訟を受けている点、USPSを使った電子タバコの配送などの規制でDisposable製品が販売できない点により、ニーズに答えられていない部分がございます。互換PodとDisposable、電子タバコ本体は、ほとんど中国で生産されていますので、2022年はニーズがあれば直送などを進めていきたいと思っています。 以下は、アメリカの雑誌の記事の翻訳です。 記事内にはバイデン政権はタバコより電子タバコにシフトさせようとしているとの内容も見受けられます。確かではないですが、期待したいです。   原文はこちら   VAPINGが政治的になったときに私たちが失ったもの Juulやその他の電子タバコ会社は、多くの場合非常に正当な理由で、タバコとの戦いで公の敵のナンバーワンになりました。しかし、もし彼らが成人喫煙者に禁煙への道を提供したらどうなるでしょうか? 2021年12月16日 Juulは、シリコンバレーの歴史上、どの企業よりも早く「デカコーンステータス」(100億ドルの評価)に達しました。ジェイミー・チャン/トランク・アーカイブ。 砂丘のセットでは場違いではなかったであろうデバイスを騒々しくドラッグしている仲間の市民の光景に私たちが慣れてきたスピードを考えると、今では忘れがちです。しかし、Juulが恥ずかしくない電子タバコのコードを解読したのは2015年のことでした。 JuulのなめらかなUSBのようなデザインは、以前のアークの記憶を一掃しました。これは、しばしば本物の不器用な金属表現でした。 Juulはコンピューターポートを介して充電され、不安を和らげるためにあなたの人生に現れる洗練されたアップル製品の感触を与えました(不安は多くの喫煙者が彼らの依存症の中心にあることを知っている問題です)。それは喫煙者の夢のガジェットであり、それを作成したことで、共同創設者のジェームズモンシーズとアダムボウウェンは見事に報われました。 しかし、Juulの急速な普及とそのような技術セクターの高さへの上昇は、連邦規制当局とのその地位の小さな問題を信じていました。結局のところ、デバイスは米国での使用が正式に承認されたことはありません。 10年以上の間、FDAは、電子タバコが公衆衛生の恩恵であるかどうかについての決定をあざ笑い、アメリカ人に、蒸気を吸う人が何百万人もの喫煙者の命を救う可能性のある天の恵みであるかどうか、または最悪の新人の命を救う可能性があるかどうかを自分で決定することを任せてきましたZune以降に登場するハイテク製品(あなたを殺す可能性があるという不幸な副作用があります)。 FDAは、より多くの情報が得られたときにそれを検討すると述べた。最後に、10月に、代理店は、1つの好まれた電子タバコが米国で売られることができるという高いところからの知らせを与えました。それはJuulではありませんでした。 この戦いを観察した人のほとんどは、この結果に驚いていませんでした。過去数年間、Juulは規制当局、学区、州との激しい戦いに巻き込まれてきました。これらの敵対者にとって、Juulは、物議を醸している製品の中心にある道徳的な問題に何十億もの深い注意を払うことを高く評価した不道徳な会社です。若い人たちのニコチン依存症、そのうちの何人かは必然的に可燃性のタバコに移り、彼らの死を早めるでしょう?宇宙の初期のリーダーとして、Juulはでこぼこの道を旅し、トランプホワイトハウスが集めることができる限り多くの精査を行い、途中でさらに別のシリコンバレーの注意物語になりました。 (FX –ニューヨークタイムズ昨秋の会社の台頭に関するドキュメンタリーは、Move Fast& VapeThingsというタイトルでした。)。 Juulはかつて米国でvaping市場シェアの75%を占めていましたが、昨年は42%に低下しましたが、FDA承認の電子タバコであるRJReynoldsのVuseSolo PowerUnitはそれほど人気が​​ありません。エージェンシーは、アメリカで最初に市場への認可を獲得したアークであるという満足感をジュルに与えることは決してないだろう。むしろ、ジュルを風の中で少し長くねじらせることになるだろう。では、かつての最愛の人はどうなったのでしょうか。 「Dude、Where's My Juul」から、車の座席の下で失われたJuulポッドを奪い合うことから、会社を邪悪な帝国と見なすにはどうすればよいでしょうか。そして、Juulingがグーグルのような動詞だった時代に戻るのでしょうか、それともTide Podの挑戦と同等の不幸な文化的瞬間として永遠に考えられるのでしょうか? Vapingは、タバコからニコチンを抽出し、火をつけずに喫煙可能な液体に変えることで機能します。有毒なのはニコチンではなく、タバコに火をつけてタバコを燃やすことから生じるタールと化学物質です。世界の10億人の喫煙者の半数が喫煙関連の病気で亡くなり、たばこは間違いなく世界で最も危険な消費者製品になっています。しかし、喫煙者を満足させるほど強力な蒸気を吸う方法を理解したのはJuulだけでした。初期のライバルは、ニコチンのブレンドが指数関数的に弱かった。 同社にはエリートの血統がありました。MonseesとBowenは、スタンフォード大学で製品設計の修士論文としてJuulの初期バージョンを作成しました。彼らは、テクノロジーとタバコの世界を融合させ、より人道的かつ倫理的にするという組換えビジョンを持っており、Juulとそのクレームブリュレ風味の蒸気がニコチンの渇望を満たすことで命を救うが、死を早めることはないということについて頻繁に話しました。人文科学を救う機械よりもハンバーガーを提供する企業からの投資要求がVCに殺到する可能性が高い、テクノロジーの晩年の間に大きくて抜本的なアイデアを特定することは大きな問題でした。会社を設立してから3年後、MonseesとBowenはJuulの35%をAltria(以前はPhilip Morris Companiesとして知られていた会社)に130億ドル近くで売却しました。 しかし、人類を破壊する可能性のある大きな問題が1つありました。Juulを喫煙者にできるだけアピールするために、つまり、素晴らしいバズとヘッドラッシュを提供するために、Juulは各アークのニコチンの割合を喫煙への献身の欠如で知られている大陸ではなく、ヨーロッパでの販売が許可されている電子タバコ。この頭がおかしいJuulは楽しいだけでなく、めちゃくちゃ中毒性がありました。そして、それは喫煙者だけでなく、Juulが救おうとしていると主張した人々のグループだけでなく、頭の騒ぎを追いかけることで知られている人々のグループ、すなわちティーンエイジャーにもヒットしたことが証明されました。 JUULはしない市場の悪徳:神聖原則に違反しAMERICAN KIDS -OR、少なくともそれについてそれほど明白ではありません。 若者の喫煙は1990年代以降減少傾向にあります(これは米国でのピークであり、10代の若者の36.4%が1997年の前月に喫煙したと報告しています)。この勝利は、アメリカのそうでなければ悲しい公衆衛生レジメンの数少ない明るい点の1つです(肥満とアルコール依存症が思い浮かびます)。国の3400万人の喫煙者のほとんどはジェネレーションX以上です。今日の習慣は、歯を汚したり、唇にしわを寄せたり、顔を老化させたりするだけではありません。今、あなたはそれをするという理由だけで年をとっているように見えます。 しかし、スタンフォード大学の教授であり、電子タバコを吸わない主要な支持者であるロバート・ジャックラーによれば、Juulはこの進歩を不安定にし、推定600万人のアメリカ人の若者をニコチンの悪鬼に変えました。 「ティーンエイジャーのベッドサイドテーブルに置いておくと、親はそれを喫煙器具として認識しませんでした。ビーニーベイビー、フラフープ、ハンドスピナーなどの子供向けのものになりました」とジャックラーは言います。 「Juulはこれほど大きな流行を設計することはできませんでした。なぜなら、それを設計できる会社はなかったからです。しかし、それが起こると、彼らはそれを知っていました。これが摩擦です。彼らはそれを追いかけました。そして、それは彼らの最も野蛮な夢を超えて成功しました。」 Juulは神聖な原則に違反しました。アメリカの子供たちに悪徳を売り込まないでください。少なくとも、それについてそれほど明白ではありません。 2018年頃、一部のアメリカ人が電子タバコから肺疾患を取得し始めたとき、病気になった人々が実際に闇市場の供給者が増粘剤として使用する化学物質が混入されたマリファナを吸っていたにもかかわらず、ジャーナリストと政治家はJuulに指を向けました。トランプ政権の間に、Juulの最も人気のあるvape、フレーバーのあるものは市場から撤退しました。 Juulは、ティーンエイジャーを引き付けるために明示的にマンゴーテイスティングのアークを作成していませんでした。業界調査によると、アークユーザーの90%以上が、タバコ風味のニコチンよりもフレーバーを好んでいます。大人もフレーバーのアークを好むという事実は、ポイントのほかに考慮されました。 会社が愚かで貪欲だったとしても(そしてこの効果の証拠があると思いますが)、電子タバコ革命の原動力であることに高い代償を払っていました。 2020年までに、アルトリアは現在の米国の規制環境では機能できなかったため、Juulへの投資を大幅に削減していました。しかし、喫煙をより大きな公衆衛生問題と考えると、Juulがアメリカ人を電子タバコに移すという重要なプロセスを開始した可能性もあります。 バイデン政権は、より多くの喫煙者をアークに移す方法を考えているようです。彼らは、喫煙可能な紙巻きタバコに含まれるニコチンの効力を減らし、アメリカ人をあらゆる種類の電子タバコに向かわせる計画に取り組んでいます。蒸気を吸うことは完全にリスクがないわけではありません、少なくとも私たちはそうは思わない。ニコチン中毒は可塑性の状態で思春期の脳を歪める可能性があり、いくつかのデータは、vapingと喘息、慢性肺疾患、および「デュアルユーザー」(vapeとタバコを吸う人々)の心血管疾患のリスクの増加との関連を示唆しています。 世界の他の地域では、多くの国では、製品から財源に高い税金を徴収しているため、市民がたばこを降りるのを支援するインセンティブが低い可能性があります。中国は事実上電子タバコを非合法化しています。インドネシアは禁止を検討しています。フィリピンでは、公共の場で電子タバコを吸うことで逮捕される可能性があります。アメリカには2度目のチャンスがあります。FDAが少なくとも1本の電子タバコを新たに承認したことで、電子タバコを正しく吸うことができます。今回は、その過程で命を救うための最善の方法にさらに深く焦点を当てます。 訂正:このストーリーの以前のバージョンでは、10月にFDAが電子タバコデバイスの販売承認を与えたときに、デバイスが安全であると判断したと誤って述べていました。FDAは当時、販売承認は製品が「安全」であることを意味するものではないと述べました。「すべてのたばこ製品は有害で中毒性があります」とFDAはプレスリリースで述べています。 

続きを読む

2021年の12月現在、FDAとの戦いは続いています。AVAILはたくさんの店舗を競合に売却するなど、さまざまな判断が行われています。純粋なリキッドメーカーは合成ニコチンを使った商品を製造しで戦わずに販売を継続、もしくは海外展開への強化を行なっています。 特に購買力が高い中東への展開が目立っています。 使い捨てVapeが合成ニコチンを使うことで、合成ニコチンの規制に目が向けられ始めました。 当店では、日本への販売のみのため、合成ニコチンよりも従来のものをなるべく取り扱っています。 FDAは1社だけ大手タバコ会社の製品を許可してから、許可は出ていません。そのタバコ会社の製品であってもタバコフレーバー以外は申請が却下されています。 ここに出てこない多数のメーカーが販売許可申請却下による販売停止命令を受けています。一旦オフィシャルのWEBサイトを閉めている会社が多数あります。FDAの販売停止命令が来ていて、その後裁判所での申し立てをしていない場合です。  以下はFDAとの裁判の状況です。基本的にMDO(販売不可の命令)が裁判所の判断待ちで保留になっています。ただし、過去の申請の不備が見つかると販売停止になっています。原文はこちら1,日付別にリストされた法的措置(最新のものが最初)2,会社別にリストされた法的措置(アルファベット順) 日付別にリストされた法的措置(最新のものが最初) 2021年11月16日この記事は、FDAのマーケティング拒否命令(MDO)に異議を申し立てるすべての企業を法廷でリストし、申し立て、滞在、その他の提出などの追加の法的措置をフォローアップする試みです。また、FDAが実施したMDOレビューに基づいて、FDAが発行した管理上の滞在(または拒否)も一覧表示します。約30社がFDAの拒否に異議を唱えるために法的措置を講じています。この記事を見直して、ナビゲートしやすくしました。日付別(最新のイベントが最初にリストされている)または関係する会社別(アルファベット順にリストされている)の法的および管理上のアクションを表示できるようになりました。ページ上部のクイックリンクを使用して、いずれかのセクション、またはMDOイベントに関するVaping360の記事のリストに移動できます。元の記事は10月18日に投稿されましたが、多くのイベントが記事よりも前に投稿されました。私たちが知らないMDOに法的な異議申し立てを行っている企業がまだ存在する可能性があります。ご存知の方はコメントまたはご連絡ください。同様に、管理レビュー申請の拒否を受けている企業をご存知の場合は、お知らせください。日付別にリストされた法的措置(最新のものが最初)12月10日最高裁判所は、BreezeSmokeによるMDOの滞在の緊急申請を却下しました。Breeze SmokeのMDOの完全なレビューは巡回裁判所で進められますが、裁判所のレビュー中に拒否された製品の販売を継続する場合、会社はFDAの執行の対象となります。12月7日ブリーズ煙は答えたそのMDOの滞在のための最高裁判所へブリーズ煙のアプリケーションに反対昨日提出FDAブリーフに。Breeze Smokeはまた、従業員Steven Haddadから補足宣言を提出し、 Haddadは、BreezeSmokeが「2020年9月3日のPMTAの対象となるENDS製品を、 FDAが2016年8月8日に発効する電子タバコ製品を「みなす」前に市場に出ました。」12月6日FDAは本日、BreezeSmokeによるMDOの滞在申請に反対する覚書を最高裁判所に提出しました。簡単に言えば、エージェンシーは、Breeze Smokeの製品が2016年8月8日以降に導入されたと述べています。これは、PMTAが成功したFDAの承認を受けずに、製品が市場に残る期限(2020年9月9日まで)です。11月29日最高裁判所のブレット・カバノー判事は本日、FDAに対し、12月6日月曜日の午後2時までにブリーズスモークの滞在申請に応じるよう要請しました。11月24日DavidAbrams、Clive Bates、DavidSweanorが巡回裁判所に提出したBidiVaporの請願を支持するAmicusの概要11月23日ブリーズ煙は巡回裁判所の審査保留中の緊急時の滞在のために最高裁判所に適用されるそのMDOの11月19日BidiVaporが開会の概要を提出し、裁判所に口頭弁論を許可するよう要請11月17日DavidAbrams、Clive Bates、DavidSweanorが巡回裁判所に提出したTritonDistributionの請願を支持するAmicusの概要11月12日BreezeSmokeの滞在の申し立てが裁判所によって却下された11月4日GripumMDOは、裁判所審査待ちで、保留 11月2日HumbleJuice MDOがFDAによって取り消され(11月3日FDA MDOリストによる)、製品は科学的レビューに戻りました。Tobacco Reporterは、HumbleJuiceが取消し後に審査の申請を取り下げたと報告しています11月1日AVAILVapor MDOは、行政審査待ちで保留に10月26日ECSグローバルMDOがFDAによって部分的に取り消され(FDAの11月3日のMDOリストによる)、製品は科学的レビューに戻されましたTriton DistributionとVapetasiaの訴訟は統合され、両方のMDOは 裁判所の審査待ちの間留置されます10月25日BidiVaporは、MDOの裁判所による審査待ちの滞在を求める申立てを提出しました。10月22日BidiVapor MDOは、行政審査を待つ間保留Fumizer MDOはFDAによって取り消され、製品は科学的レビューに戻りましたGripumは、FDAの反対の滞在に対する裁判所の提出で回答しました10月19日GripumMDOは、完全滞在の申し立てが検討されている間、一時的に法廷に滞在しました。10月18日私のVapeOrder MDOは、行政審査を待つ間FDAに留まりました10月17日Gripumは、MDOの法廷審査を待つ間、滞在のための緊急申立を提出します10月14日TritonDistributionは、裁判所への提出でFDAに対応しました10月13日BreezeSmokeは、MDOの裁判所による審査を待つ間、販売停止保留を求める緊急申立を提出しました。10月12日FDAはTritonDistributionの緊急動議に対応しました10月8日TurningPoint Brandsは、FDAがMDOを撤回した後、審査の申請を取り下げました。10月7日FDAはTurningPoint Brands MDOを撤回し、同社のPMTAに含まれている証拠を見逃したと主張しました。その製品は科学的レビューに戻されます10月6日トリトンの配布は、そのMDOの裁判所の審査保留中の滞在のための緊急モーションを提出し、迅速な配慮を9月30日TurningPoint Brandsは、MDOの裁判所による審査と迅速な検討を待つ間、滞在を求める緊急申立を提出しました。 2,会社別にリストされた法的措置(アルファベット順)7 Daze LLC – 10月7日に提出された審査の申立て–第9巡回控訴裁判所AVAIL Vapor、LLC – 9月30日に提出された審査の申請–第4巡回控訴裁判所–更新11月1日:AVAIL Vapor MDOは、行政審査を待つ間FDAに留まりましたBad Modder Fogger(BMF Labs) – 10月4日に提出されたレビューの請願–第4巡回控訴裁判所Bidi Vapor LLC – 9月29日–第11回巡回控訴裁判所に提出された審査の申請と申し立て– 10月22日更新:Bidi Vapor MDOは行政審査待ち– UPDATE 10月25日:BidiVaporは滞在の申し立てを提出しましたMDOの裁判所による審査待ち–更新11月19日:Bidi Vaporが開会の概要を提出し、裁判所に口頭弁論を許可するよう要請–更新11月24日:David Abrams、Clive Bates、DavidSweanorが提出したBidiVaporの請願を支持するAmicusの概要Breeze Smoke、LLC – 10月4日に提出された審査請求–第6巡回控訴裁判所–更新10月13日:Breeze Smokeは、MDOの裁判所による審査待ちの滞在を求める緊急申し立てを提出しました–更新11月12日:BreezeSmokeの申し立て裁判所による拒否の滞在–更新11月23日:Breeze Smokeが最高裁判所に申請され、 MDOの巡回裁判所による審査待ち–更新11月29日:最高裁判所のBrett Kavanaugh判事は、FDAにBreezeSmokeの申請に対応するよう要請しました。 12月6日月曜日の午後2時までの滞在–更新12月6日:FDAは、最高裁判所にMDOの滞在を求めるBreezeSmokeの申請に反対して覚書を提出しました。–更新12月7日:Breeze Smokeは、MDOの滞在を求めるBreezeSmokeの最高裁判所への申請に反対して昨日提出されたFDAの概要に対応しました。 Breeze Smokeはまた、従業員Steven Haddadから補足宣言を提出し、 Haddadは、BreezeSmokeが「2020年9月3日のPMTAの対象となるENDS製品を、 FDAが2016年8月8日に発効する電子タバコ製品を「みなす」前に市場に出ました。」–更新12月10日:最高裁判所は、MDOの滞在に関するBreezeSmokeの緊急申請を却下しました。Breeze SmokeのMDOの完全なレビューは巡回裁判所で進められますが、裁判所のレビュー中に拒否された製品の販売を継続する場合、会社はFDAの執行の対象となります。クラウドハウス– 10月8日に提出されたレビューの請願–第5巡回控訴裁判所Cloud Nine Vapor Products – 10月8日に提出された審査の申請–第10回巡回控訴裁判所Diamond Vapor LLC – 10月1日から11回目の巡回控訴裁判所に提出された審査請求E-Liquid Brands、LLC – 10月7日に提出された審査請求–第4巡回控訴裁判所ECSグローバルLLC -提出された審査の申立て10月12日-控訴コロンビア巡回裁判所の地区。(ECS GlobalはPhixポッドベイプデバイスおよびプレフィルドPhixポッドのMDOを受け取りました)–更新10月26日:ECSグローバルMDOはFDAによって部分的に取り消され(FDAの11月3日のMDOリストによる)、製品は科学的レビューに戻りましたElectric Clouds – 10月8日に提出された審査の申請–第10回巡回控訴裁判所Fumizer、LLC – 10月6日–第9巡回控訴裁判所に提出された審査請求。–更新10月22日:Fumizer MDOがFDAによって取り消され、製品が科学的レビューに戻されましたGripum LLC – 10月8日–第7巡回控訴裁判所に提出された審査請求–更新10月17日:Gripumは、MDOの裁判所審査待ちの滞在のために緊急申し立てを提出しました–更新10月19日:Gripum MDOは、申し立てが行われている間、一時的に裁判所に留まりました。検討済み–更新10月27日:Gripumは、FDAの提出反対の滞在に対する裁判所の提出で回答しました–更新11月4日:Gripum MDOは、審査待ちの裁判所に滞在しましたHumble Juice...

続きを読む

#fda, #MDO -

現在FDAの出しているマーケティング拒否命令(MDO)は販売の見合わせ、市場からの回収などを求めるものです。1年前に事前申請を出したものしか販売できないよと決めて、申請を提出させ、大手タバコ会社の1商品のみ許可を出し、たくさんのメーカーに拒否命令を返したことに対して、訴訟を起こしている会社が出ています。 許可が出た商品は身近なガソリンスタンドで購入可能で、未成年にPuffbarに続いて人気の商品です。 未成年の使用や喫煙を減らすためのFDAの規制のはずが、タバコ味の大手タバコ会社の電子タバコを吸わせて、その後タバコの喫煙に誘導するのではないかと思われるFDAの動きには大きな疑問を感じます。 以下はVAPE360°の記事のGoogle翻訳です。 28社以上のVape企業が法廷でMDOに異議を申し立て 筆者 Jim McDonald  October 18, 2021 FDAに対する業界の訴訟に関するニュースは主にTurningPoint Brandsの成功した挑戦にて記載しています。現在、少なくとも27の他の製造業者および流通業者も、連邦巡回裁判所にマーケティング拒否命令(MDO)の見直しを求める請願を提出しています。 MDOの受領者リストに載っている企業は、9月17日以降、拒否を受けませんでした。つまり、リストに載っている企業のうち、まだ審査の申請を提出していない企業は、30日間の控訴期間を超えています。ただし、裁判所に訴訟を起こした企業のいくつかはFDAのリストに含まれていないため、他の非上場企業がまだ30日の期限内にある可能性があります。(FDAも9月23日以来公式リストを更新していません。) MDOの審査を求める請願書を提出したメーカーのリストを作成し、場合によってはFDAの強制停止を求める申し立てを作成しました。それらはアルファベット順にリストされており、会社名の横には訴訟の日付、請願を審理する巡回裁判所、およびその他の該当する情報があります。記事でケースを取り上げた場合は、最新の報道がリンクされています。(公衆衛生法センターが作成したリストからのみ名前がわかっている会社については、提出日はありません。) このリストは、追加の裁判所への提出が可能になった場合に更新されます。 FDAマーケティング拒否命令(MDO)に挑戦しているVAPE企業リスト 7 Daze LLC Petition for review filed 10/7 – 9th Circuit Court of Appeals AVAIL Vapor, LLC Petition for review filed 9/30 – 4th Circuit Court of Appeals Bad Modder Fogger (BMF Labs) Petition for review filed 10/4 – 4th Circuit Court of Appeals Bidi Vapor LLC Petition for review filed 9/29 – 11th Circuit Court of Appeals. Bidi also filed a motion for expedited consideration by the court Breeze Smoke, LLC Petition for review filed 10/4 – 6th Circuit Court of Appeals. Breeze Smoke also filed an emergency motion...

続きを読む

9月3日付けて、FDAが追加公表した申請却下(MDOs - marketing denial orders)を受け取った企業リストを確認しました。 Jam Momnsterなどで知られる Monster Vape Labs と 既に多くのTFN商品を製造している Cloud Nurdzが影響が大きいです。取り扱い中の製品はOrgnx, Time Bobmのみでした。その他、日本でも知られているブランドとしては Alice in Vapeland, Nicquid あたりだと思います。 このMDOsというのは販売拒否命令で、市場から商品を取り除く必要がありますが、今のところ代理店などから回収連絡などは来ていません。オフィシャルサイトでMonster vape Labsは全て在庫切れになっていますので、今後流通が止まる可能性が高いです。 下記の表は、FDAのリストの右にメモを入れています。 Company Name Issuance Date    Great American Vapes 8/26/2021   JD Nova Group LLC 8/26/2021   Vapor Salon 8/26/2021   Big Time Vapes 8/30/2021   J-Vapor LLC dba North Shore Vapor 8/31/2021   SS Vape Brands Inc. Dba Monster Vape Labs 8/31/2021 Monster Vape Labs Custom Vapors 8/31/2021   The Vaping Tiger 8/31/2021   Gothic Vapor 8/31/2021   TrendSetters E-liquid LLC 8/31/2021   SWT Global Supply 8/31/2021   Diamond Vapor 9/1/2021   American Vapor Group...

続きを読む

FDAから通達が来ているメーカーがこちらから確認できます。 もっとわかりやすい進捗状況がわかるサイトはこちら 今後について、 まず、FDAの承認がない商品も輸出については問題がございません。 さらに、現在FDAの管轄外のTFNを使った商品は、しばらくの間、問題なく仕入れが可能になると思われます。タバコフリーニコチンとはタバコを使わないで製造されたニコチンのことです。こちらのTFNで合成的に作ったものであればFDAの指導の管轄外でPMTAの申請が不要です。FDAのPMTA申請却下をされた企業はTFNでの商品提供を続けると発信しています。 既にTFNを使った商品を製造しているメーカーは Air Factory, Basix, Cloud Nurdz, five Pawns, Juice head, Noms, Reds Apple, INFZF, Vapewell, Enfuse, Ripe vapes, NKTR, Freemanなどです。基本的にはタバコ由来のニコチンいり商品への高い消費税対策、PMTA申請対策などで使用されています。 コストは普通のタバコ由来のニコチンよりかなり高く、導入している会社が多くありません。また、味もニコチンの味がないので、人によっては物足りなく感じる場合もあるようです。逆に純度が高いためフレーバーの味を損いにくい特徴があります。 つまり、どのメーカーもTFNを投入すれば当面は販売が可能となります。商品コストは0-2割上がる可能性がございますが、それ以外はTFNを規制するまで問題な差そうです。  

続きを読む