Shop News RSS

USTODAYの11月8日のニュースです。原文はこちら 連邦当局者は金曜日に、彼らは、肺が蒸発する関連の病気で入院している患者の肺で、ビタミンEの油性誘導体を発見したと発表し、疾病管理予防センターの主任副所長はこれは突破口だと言いました。添加物であるビタミンEアセテートは、THCオイルを希釈するために、特にストリートディーラーによって使用されることがあります。 THCは、マリファナに含まれる化合物で、「高」を生成します。添加物についてテストされた10州の29の肺組織サンプルのうち、すべてにビタミンEアセテートが含まれていました。「これらの新しい発見は重要です。なぜなら、電子タバコまたは蒸気を発する製品の使用に関連する肺損傷患者の生物学的サンプルで、懸念される潜在的な毒素-酢酸ビタミンEを初めて検出したからです」と、アン・シュチャト博士CDCの。彼女は、「肺の損傷の主要部位で」添加物が見つかったという「突破口」と説明しました。CDCは、火曜日の時点で、発生により2,051人が病気になり、39人の死亡が確認されたと報告しました。 Schuchatは、「ケースの傾向は低下しているように見えるが、一部の州は依然として大きな打撃を受けている」と述べた。肺損傷の考えられる原因の発表は、ドナルド・トランプ大統領が金曜日の朝、政府が全国で電子タバコを購入するための法定年齢をおそらく21歳に引き上げると発言した直後に来ました。トランプが言った製品は来週発表されます。CDCはvapingを詳しく調べています。連邦および州の調査官は以前、入院患者が吸い取った物質のサンプルに酢酸ビタミンEの証拠を発見しましたが、新しい検査結果は成分を損傷に直接結び付けます。当局は診断ツールを使用して、肺液サンプルを収集し、脂質を含むマクロファージとして知られる小さな油性液滴を含む細胞を特定しました。これは病気のマーカーです。国立環境衛生センターのジェームズピルクル博士は、この添加物は蜂蜜のように粘着性があると説明しました。これは、29個すべての肺サンプルで検出された理由の説明に役立ちますが、THCは28個のサンプルのうち23個で検出されました。 Pirkleは、THCが必ずしも肺に残っているわけではなく、その存在を確認するために尿検査が必要だったかもしれないと言いました。また、金曜日、イリノイ州公衆衛生局は、肺損傷の犠牲者は、負傷していないベイパーよりもTHCを独占的に使用し、ディーラー、通りのソース、友人などの非公式ソースからそれらの製品を購入し、一日に何度も。調査では、若い男性がTHC製品を最も頻繁に消費する可能性が高いことがわかりました。 18〜34歳の男性の4人に1人が、THCを含む電子タバコまたは蒸気を発する製品を毎日5回以上使用していることを報告しました。肺疾患の大部分は、ニコチンとTHCまたはTHCを単独で吸い取ったが、10代のニコチンの吸い込み数が急増し、規制当局に行動するように圧力がかかった人たちに見られました。vapingの法定年齢は州によって異なります。多くの人が18時に許可し、他の人は21に増やしました。高校生の間での電子タバコの使用は2017年から2019年に2倍以上、27.5%になりました。今年は約530万人の中学生と高校生が電子タバコを使用しましたが、2018年の360万人から増加しました。金曜日のホワイトハウスの芝生で、トランプ大統領は、ヴェイピング業界によって大きくロビーされてきた彼の政権は、来週「ヴェイピングにおける非常に重要な立場」を発表すると述べた。「最も重要なのは子供たちの世話をしなければならないので、21歳程度の年齢制限を持つことになります」とトランプ氏は語った。 「率直に言って仕事を含め、多くの人が注目しています。かなり大きな産業になっていることを知っているからです。」土曜日にはホワイトハウスにプロベイプ団体の訪問が計画されています。American Vaping Associationの会長であるGregory Conleyは、法定購入年齢の引き上げを称賛しました。「トランプ大統領は、禁じられた禁止の政治を受け入れるのではなく、賢明な規制を制定することを賢明に準備しているようだ」とコンリーは言った。「タバコとニコチン製品を購入する年齢を21歳に引き上げることで、業界はアルコールやマリファナなどの他のアダルト業界と同様の立場になります。

続きを読む

いつもご利用ありがとうございます。 11/8からフルーツ系に続きミントが販売停止となりました。フルーツやスイーツ系の販売停止により未成年がミントを買うようになったからとのこと。 なお、アメリカ内ではすでにプレミアがついて流通しており、当店も値上げをさせていただきます。状況次第ではマンゴー同様さらに価格があがります。ご了承ください。 メンソールは通常通りに入荷しますのでご利用ください。 また互換品について、JUULが訴訟を起こしたため、いくつかのメーカーサイトで販売停止となっています。 来週正式発表で年齢制限の変更のみになるかもしれませんが、継続して購入されたいリキッドなどは是非ご連絡ください。過去の販売状況をもとに6ヶ月分程度まで在庫を確保したいと思っています。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 Ecigar4jp 篠田  

続きを読む

アメリカのウォール・ストリートジャーナルでも出ていましたが有料の記事のためFoxBusinessを引用しています。 原文はこちら トランプ政権は、タバコとメンソールのフレーバー以外のすべてのフレーバー付きのベーピング製品を禁止する計画を進めていると伝えられています。 保健福祉省のアレックス・アザール長官は、当局が電子タバコの使用に関連した肺損傷の波に対応して、9月に計画を発表しました。 火曜日の時点で、24州で37人の死亡を含む1,888人の症例が疾病管理予防センターに報告されていました。 アクシオスは金曜日に、この計画に詳しい筋によると、 食品医薬品局は来週、最終的な禁止計画を発表する可能性があると報告しました。 トランプ大統領は、9月にvapingを「非常に危険」と呼び、未成年者の電子タバコの使用に対する懸念を表明しました。 「私たちは、いくつかの非常に強力なルール、規制を持っています」と彼は言いました。 2018年時点で約57万人の中学生と30万5千人の高校生が電子タバコのユーザーでした。CDCは、電子タバコを使用する多くの人が将来はタバコも吸うと言っています。 全国の一部の州および地方議員は、風味付けされた電子タバコ製品の禁止に移行しましたが、風味付けされたすべての蒸気を全面的に禁止するというトランプの呼びかけは、ミントやメントールなどの未成年ユーザーから人気の低い風味を含めることで行き過ぎだと言う人から批判を集めました。 テキサス病院からFDAを実行するためのTRUMP TAPSがんスペシャリスト トランプ氏は金曜日、 スティーブン・ハーン博士を FDAの指揮に指名していると述べました。 アザールは、FDAの代理人であるNed Sharplessacting博士が、国立がん研究所の所長としての役割に戻ると発表した。 それまでの間、健康の副秘書であるブレット・ジロワールが務める予定です。

続きを読む

サンフランシスコは年明けからVAPEの販売禁止になる予定がございますため、日本で人気のFrisco Vaporを最後に取扱することにしました。 ニコチンソルトはアメリカで人気のメンソール系と、日本で人気のドリンク系を中心に入荷させています。 セール中にぜひお試しください。ニコチンなしもございます。  

続きを読む

JUULは10月17日からマンゴー、フルーツ、キューカンバー、クリームのフレーバーポッドの販売を辞めました。 原文はこちら   電子タバコ大手のJUULは、米国の禁止措置前に、すべてのフルーティーなフレーバーの販売を停止 2019年10月17日木曜日公開  午後1時EDT  2019年10月17日木曜日に更新  5:09 PM EDT 記事まとめ Juulは、フルーツ風味の電子タバコの販売を停止すると述べています。 Juulは、ミント、メンソール、タバコのフレーバーを引き続き販売します。 トランプ政権は、10代の大流行の中で風味付けされた電子タバコの禁止を準備しています。 Juulは木曜日、人気のフルーティーな電子タバコのフレーバーの販売を、市場からすべてのフレーバーの電子タバコを取り除くと予想されるトランプ政権の方針に先立ち、直ちに中断すると発表しました。 Juulは昨年、Food and Drug Administrationからの圧力を受けて、小売店での風味付き電子タバコの販売を停止しました。 顧客は、年齢制限のあるWebサイトで、フレーバー(クリーム、マンゴー、フルーツ、キュウリ)のみを入手できました。 トランプ政権当局は、ミントやメントールを含む風味付けされたポッドをすべて取り除き、タバコ風味の電子タバコのみを市場に残すと述べました。 ジュルは、その間ミントとメントールのニコチンポッドの販売を継続すると述べています。 同社は、新しいポリシーはすぐに有効になると述べました。 「私たちは、FDAのフレーバーガイダンスに先立ってポリシーと慣行を見直し続けており、最終的な決定は行っていません」とJuulのスポークスマンAustin Finanは声明で述べました。 「フレーバーガイダンスの草案について行政にロビー活動を行うことは控えており、有効な場合は最終ポリシーを完全にサポートおよび遵守します。」 10代のvapingの流行と致命的なvaping関連の肺疾患の発生の中で、トランプ政権は先月、FDAがそれらをレビューして棚に戻すことを許可するまで、すべての風味のある電子タバコを市場から取り除く準備ができていると述べました。 当時の管理当局は、計画は数週間以内にリリースされると述べた。 彼らはまだ生産していない。 Juulは、10代の大流行を引き起こしたと非難されています。 同社の売上高は、電子タバコを使用していると言う中学生や高校生の割合とともに、過去数年間で急上昇しています。 ジュルは、規制当局や議員と協力する企業としてのイメージを徹底的に見直しようとしました。 タバコ大手のアルトリアは、昨年後半にJuulの35%の株式に128億ドルを投資しました。 同社はJuul CEOの Kevin Burnsを長年のAltriaエグゼクティブKC Crosthwaiteに置き換えました。彼はAltriaエグゼクティブの仲間であるJose Luis Murilloを雇い、Julの規制戦略を監督しました。 Juulは、ほとんどのフレーバーの販売を停止するという決定を、変化へのコミットメントの兆候として位置付けようとしました。 「社会の信頼を獲得し、規制当局、政策立案者、利害関係者と協力して未成年者の使用と闘いながら成人喫煙者に代わるものを提供することにより、蒸気のカテゴリーをリセットしなければならない」とクロスウェイトは声明で述べた。 批評家はミントの販売を継続するというJUULの決定にすぐに襲いかかりました。 「ミントとメンソールのフレーバーを市場に残しているという本日の7月の発表は、新しいリーダーシップの下で少しも​​変わっておらず、青少年の使用を防ぐことに真剣ではないことを示しています」。 疾病対策予防センターの2019年全国青少年たばこ調査の予備データによると、蒸気を吸う高校生の間で、ミントとメントールは果物の次に人気のある味でした。 Wells Fargoのアナリストは、ミントやメンソールなどのフレーバーが、過去1年間のJuulの約33億ドルの売り上げの約80%を占めると推定しています。 修正:この記事は、市場からタバコを除くすべてのフレーバーを除去することを要求したトランプ政権であることを修正するために更新されました。

続きを読む