Shop News RSS

2020年頭からだんだんと本格的な厳しさを感じます。 1月3日にFDAから出た30日以内にリキッドが入った状態で売られてるPodは禁止(メンソールとタバコを除く)となりました。猶予期間は30日で、当店では1月31日を区切りに販売を停止します。FDAのプレスリリースはこちら 詳細のガイダンスという資料があり、それを読むとニコチンソルトリキッドや、空のポッドを組み合わせての利用については規制がないことがわかります。 続いて1月6日にカリフォルニア州の店舗については全ての商品が禁止になるとアナウンスがされました。州外の店舗やオンランショップは対象外との内容でした。ロサンゼルス・タイムズの記事はこちら さらに今週JUULがカナダでのマンゴーなどフルーツやスイーツ、ミントといったアメリカですでに中止をしているフレーバーについて、カナダでも販売中止しました。実はカナダからの発送を検討しておったのですが、難しそうです。 ニュースの原文はこちら CNBC 2020年1月14日 JUULはカナダでフルーツ風味のポッドの販売を停止しています公開 1月14日20208:09 PM EST バークレー・ラブレース・ジュニア記事のポイントJUULはカナダでフルーティなニコチン蒸気を発する製品の生産を一時的に停止している、と同社は確認した。マンゴー、キュウリ、フルーツ、バニラのフレーバーは使用できなくなります。 JUULはカナダでフルーティなニコチン蒸気を発する製品の生産を一時的に停止している、と電子タバコメーカーは火曜日にCNBCに確認した。マンゴー、キュウリ、フルーツ、バニラのフレーバーは使用できなくなります。同社は、10代の使用の急増に対する精査の中で、メントール、バージニア州のタバコ、クラシックタバコを除く11月に米国でのフレーバーの販売を既に停止していました。「リーダーシップチームは、JUUL Labsのグローバルなポリシーと慣行を引き続き見直し、未成年者の使用と戦い、成人喫煙者を可燃性タバコから移行する歴史的な機会を維持するために適切な措置を講じます」とJuulのスポークスマンAustin Finanはステートメントを出しました。この変化は、Juulが10代のvapingの急増をめぐる訴訟と精査の増加に直面しているためです。今月初めに、食品医薬品局は、十代の使用の急増を抑えるために、ほとんどのフルーツとミントの風味のニコチン蒸気を発する製品の禁止を発表しました。一部の州議会議員は、連邦政府の禁止に含まれていないフレーバーの禁止を検討しています。10代の若者がvapingをやめるか、他の製品を試すかは不明です。公衆衛生の専門家は、子供に最も魅力的なフレーバーの禁止を長年支持してきましたが、フルーティーなフレーバーがすべてなくなると、子供がメントールに切り替わることを恐れる人もいます。 当店では海外向けの販売確認が取れない場合1/31までで違法になるPODの販売を一時停止します。再開は安全性を確認できればとトランプは発言していました。しかしながら安全性の確認については2020年5月12日までに検査内容をFDAに提出することが以前定められていまして、FDAの審査後確認できないものは2021年から販売禁止になることが決まっています。ほとんどのJUUL互換製品は製造をやめており、当店でもほぼ在庫限りとなっています。 一旦提出期限まで禁止、その後2021年から審査に通っていないものは禁止となるシナリオが最も楽観的なシナリオです。 一時的な対応策として、1月31日までにご注文が完了した対象商品について、4月末まで入金をお待ちいたします。※購入時に銀行振込を選び、備考欄に入金期限の記載が必要です。※ペイパルの場合も一旦銀行振込を選び、後日ペイパルでお支払いいただけます。※1つの注文は60PODまでで越えるものはキャンセルされます。越える場合は分けてご注文ください。

続きを読む

ニューヨークタイムズとウォール・ストリートジャーナルの記事をまとめた記事が出ています。 簡単にまとめると、FDAは短期的にメンソールとタバコ以外のポッドの禁止を行う予定。トランプは選挙を念頭に置き、安全と分かれば市場に戻す予定と話しているとのこと。また禁止はクローズドシステムのみが対象。(追記 2020年2月1日〜禁止に確定) ニュースの原文はこちら The Verge By Jacob Kastrenakes@jake_k  Jan 1, 2020, 11:30am EST FDAはほとんど全てのVAPE PODを禁止する予定です。 しかしトランプ大統領からの発言ではPODは市場に復帰することができることを示唆しています。 ウォールストリートジャーナルによると、メントールとタバコを除くすべての風味付けされた電子タバコポッドは、今週中に計画を発表する可能性のある食品医薬品局(FDA)によって禁止される予定です。 とニューヨークタイムズ 。 フレーバーポッドの禁止は、ベーピングによる肺損傷が増加していた9月に最初に浮上したほぼ完全なフレーバードベイプ禁止から一歩後退したものです。 注目すべき2つの変更点があります。タバコに加えて、メンソール香味料が許可されます。 また、フレーバー禁止はポッドにのみ適用されます。レポートによると、フレーバーのニコチン液は、オープンタンクシステムで引き続き販売できます。   禁止は10代のvapingの増加を抑えることを意味します。 オープンシステムは10代の間ではあまり人気がないと見なされているため、管理者は、Juulが使用しているポッドに注目しています。 この免除は、奇妙な政治的反発への対応でもあります。最初の広範なフレーバー禁止の呼びかけの後、vapingグループは、そのような禁止が2020年にトランプ大統領を選挙で傷つけると主張しました 。 昨夜の発言の中で、トランプ氏は、vaping禁止が「非常にすぐに」発表されると言いました。 彼はまた、フレーバーの禁止は永久的ではないと述べました。 フレーバーは「一定期間」除去され、安全性がチェックされ、安全であるとみなされた場合は市場に戻る可能性があります。 「うまくいけば、すべてが安全であれば、彼らは非常に迅速に市場に戻ります」とトランプ氏は語った。 FDAの禁止に関する最初の報告では、安全性チェックや市場への復帰の可能性については言及していません。 トランプは現在、vapingで起こっている複数の問題を混同しているようですので、エージェントが何を発表するかは完全には明らかではありません。 トランプは、現在50人以上を殺した肺の負傷を言及しているように見えますが、この禁止はその問題に対処するためのものではありません。 肺の損傷は風味のあるポッドによって引き起こされるようには見えません、オープンシステム用に設計されたさまざまな液体、時には闇市場のブランドに由来するようです。 「私たちは家族を守らなければなりません」とトランプは言いました。 「同時に、それは大きな業界であり、業界を保護したいと考えています。」 Juulは、禁止を見越して、メントールとタバコを除くすべての風味のあるポッドの販売を既に停止していますが、禁止は、スイカとブルーベリーのニコチンのポッドを提供するNjoyのような競合他社から風味のあるポッドをなくすことになります。

続きを読む

元旦のワシントンポストの記事です。原文はこちら 来週正式発表されそうです。 政府高官によると、トランプ政権は、ほとんどの風味付けされた電子タバコポッド(VAPEリキッドが入った若者の間で非常に人気のある密閉カートリッジ)を禁止する一方で、一般的にVAPEショップで販売される種類の製品は禁止対象としない予定です。甘い香りとフルーツ風味のポッドには適用されますが、メントール風味とタバコ風味のポッドには適用されない予定です。禁止は今週中に発表される可能性が高いとのこと。と匿名の条件で、まだリリースされていないポリシーに関する内部審議について説明しました。この行動は、トランプ大統領が9月に未成年者のVAPEの流行と言われているものと戦うために発表した包括的なフレーバー禁止からの後退です。その時点で、Food and Drug Administrationは、タバコのフレーバーを除くすべてのフレーバー付き電子タバコの販売を禁止すると述べた。この禁止事項は、Juul Labsなどによってポピュラー化されたポッドベースのシステム、および一般にアークショップで販売されているオープンタンクシステムに適用されます。当局者は、この行動を、若者の急増を食い止めるために包括的なフレーバー禁止を推進している政権内の人々と、トランプの選挙当局者を含む、全面的な取り締まりが原因のVAPESHOPでの失業などとの間の妥協として説明しました。 当局はまた、最近のたばこ製品購入の法定年齢が21歳に引き上げられ、年末の支出法案に盛り込まれた措置により、政府の一部は若者の使用との闘いにおいてより制限された禁止が依然として有効であると確信したと述べた。Juul、Njoyなどの企業は、使い捨ての充填済みポッドを使用する電子タバコを販売しています。多くはコンビニエンスストアで販売されていますが、Juulはメントールとタバコを除いて風味のあるポッドの販売を停止しています。Vape Shopで販売されている製品の種類は、通常、液体を使用しており、顧客が特定の好みに合わせて補充および混合することができます。政権の計画は最初にWall Street Journalによって報告されました。計画された禁止のニュースは、タバコを使わない子供のためのキャンペーンの責任者であるマシュー・マイヤーズから鋭い批判を集めました。この方針は、「若者のニコチン中毒の流行を促進している風味付けされた電子タバコを排除するという、子供と家族に対する政権の約束を破る」と声明で述べた。 「メントール風味の電子タバコを広く入手可能にし、液体風味の製品を完全に免除することで、このポリシーは若者の電子タバコの流行を止めることはありません。」マイヤーズはまた、最新のデータは、オープンタンクシステム-行政によって免除されている種類-が若者の間でますます人気が高まっていることを示唆していると述べた。フレーバーの禁止に精力的に反対している団体であるアメリカの税制改革の戦略的イニシアチブのディレクターであるポール・ブレアは、政権は「VAPEの懸念をはっきりと聞き、10代の使用に関するデータを見た」と述べた。多くの大人がフレーバーにポッドシステムを使用しているため、これは完全な勝利ではありません。」彼と他の人々はまた、少なくともポッドベースの市場では、JUULがすでに行っているほとんどの風味のあるポッドの販売を競合他社に強制することになるので、この決定はJUULに利益をもたらすと述べた。電子タバコ市場を支配しており、数年前に若者の急増に火をつけたことで非難されているジュルは、政権の決定についてコメントしなかった。過去に、ジュルは十代の若者たちへのマーケティングを否定しました。政権の最新計画は、若者の蒸発の政治的に起訴された問題に関するジグザグの数ヶ月を制限します。この問題は、神秘的なvaping関連の病気の出現と若者のvapingが急激に増加していることを示す新しいデータのリリース後、初秋に重要性が増しました。行政当局は後に、ニコチン電子タバコではなく、汚染されたTHC蒸気が数十人の死と数千の病気の原因であると述べた。9月に発表された青少年たばこデータは、2019年の過去30日間に高校生のほぼ28%が蒸気を吸ったことを示しました。その包括的な禁止を発表する中で、政府は最も風味のある電子タバコの市場をクリアすると述べました。しかし、その後のアークショップからの政治的反発は、トランプのキャンペーンの最高幹部によってエコーされた-彼は11月に計画から戻って彼を促した。数週間前、Vaping支持者、健康団体、タバコ会社の幹部とのホワイトハウス会議で、彼は禁止が偽造の増加につながる可能性があるという懸念を表明しました。ポッドシステムをターゲットにすることで、行政は、喫煙を止めるために液体フレーバーが必要だと主張するアークショップのオーナーとその忠実な顧客を怒らせることを避けたいと考えています。しかし、公衆衛生グループは、彼らが市場にいる限り、10代はメントール風味のポッドに切り替えると言います。過去の行政当局は、データは若者がメントールよりも他のフレーバーを好むことを示していると指摘しています。 すべてのタイプのvaping製品の製造業者は、5月までに製品申請書をFDAに提出する必要があります。 申請書を提出しない者は、市場から追い出される可能性があります。 FDAは申請書を審査し、公衆衛生に純利益をもたらす製品の販売を許可すると、当局は述べた。

続きを読む

2019年末の記事です。原文はこちら   ドナルド・トランプ大統領は、マンゴーやミントなどの電子タバコのフレーバーを米国で数ヶ月間はっきりさせていませんでしたが、今後禁止するかどうかの決定に一歩近づく可能性があります。情報規制局のウェブサイトによると、月曜日にホワイトハウスは、風味付けされた蒸気の禁止の可能性に関する食品医薬品局からの新しいガイダンスを受けました。 なお、FDAによる以前の提出は、先月トランプによって破棄されました。ほぼすべてのフレーバーの禁止がされない場合、10代中毒の流行を警告する医療および家族グループを怒らせる可能性があります。一方、保守派やビジネスグループは、あらゆる禁止が店を閉め、雇用がなくなり、電子タバコの代わりに大人を喫煙に追い込むと言います。トランプの政治顧問は、次の大統領選で投票する、有権者を疎外することにも用心しています。9月、トランプと保健福祉省のアレックス・アザール長官は、タバコを除くすべてのフレーバーを禁止すると発表しました。これは、健康団体が応援した重要な決定です。しかし、トランプはすぐに彼の誓約を骨抜きにし、後にそれを単に「提案」と呼びました。何人かの参加者の話を聞いた後、トランプは「みんなのために何かをしたい、みんなが幸せになった」と言いました。税制改革のためのアメリカ人の戦略的イニシアチブのディレクターであり、電子タバコの支持者であるポール・ブレアは、FDAの最新の提出は、トランプ政権が90億ドルの VAPE産業への潜在的な害を再評価する別の機会であると言いました。禁止は「トランプ政権の唯一の馬鹿げた規制上の決定になるだろう」とブレア氏は言いました。FDAは、ガイダンスが公開されるまでガイダンスについてコメントできないと述べ、HHSは利用可能なアップデートがないと述べました。公衆衛生の擁護団体であるTruth InitiativeとCampaign for Tobacco-Free Kidsは、コメントのリクエストにすぐに対応しませんでした。

続きを読む

9月から戦いが各州で続いているフレーバーリキッド禁止ですが、現在マサチューセッツ州は緊急禁止令のあと、11月末に正式に法律ができ2020年の6月1日からメンソールの紙タバコさえも禁止と決定しました。またVAPEには75%の消費税がかかるため州外に買いに行く人もいるようです。 そんな中マサチューセッツ州にオンライン販売した8社が訴えられました。   Bostonglobeの記事です。原文はこちらBy Katie Lannan State House News Service、2019年12月23日午前11時49分更新マウラ・ヒーリー司法長官は金曜日に、マサチューセッツ州で風味付けされたタバコ製品の販売を禁止する新しい州法に違反していると彼女のオフィスが言っている8社のオンライン電子タバコ売り手に対して訴訟を起こした。ヒーリーは金曜日にサフォーク上級裁判所に苦情を申し立て、州外の企業がフレーバーたばこ製品をマサチューセッツのバイヤーに不適切に販売し、未成年者への製品の配送に対する保護を怠ったと主張した。彼女のオフィスは月曜日の朝に訴訟を発表しました。会社はフロリダ州の Ejuiceconnect.com と Fuggin Vapor Co.,Lan & Mike International Trading Inc. カリフォルニア州のVaporDNA と Suorin USA, ; カンザス州 Level Up Vapor of Kansas; ニュージャージー州のNext Day Vapes ;ネバダ州の IPurchase Online, Vape Society Supply, Vape Society Supplies,; テキサス州の 2nd Wife Vape of Texas の8社。ヒーリーのオフィスによると、これらの企業は、「ユニコーンフラッペ」、「ジンジャーブレッドデュード」、「レインボーナゲット」などの「若者にアピールするフレーバー」で蒸気を発する製品を販売しました。ヒーリーは、訴訟が進行している間、違法な販売を防ぐための仮差止を求めており、その申し立てに関する審理は1月7日に予定されています。「これらの企業は、若者を、vapingによって引き起こされる深刻な被害から保護するために制定された新しい州法に違反している」と、Healeyは声明で述べた。

続きを読む