トランプ大統領、電子タバコ禁止を再検討か

2019年末の記事です。原文はこちら

 

ドナルド・トランプ大統領は、マンゴーやミントなどの電子タバコのフレーバーを米国で数ヶ月間はっきりさせていませんでしたが、今後禁止するかどうかの決定に一歩近づく可能性があります。

情報規制局のウェブサイトによると、月曜日にホワイトハウスは、風味付けされた蒸気の禁止の可能性に関する食品医薬品局からの新しいガイダンスを受けました。 なお、FDAによる以前の提出は、先月トランプによって破棄されました。

ほぼすべてのフレーバーの禁止がされない場合、10代中毒の流行を警告する医療および家族グループを怒らせる可能性があります。一方、保守派やビジネスグループは、あらゆる禁止が店を閉め、雇用がなくなり、電子タバコの代わりに大人を喫煙に追い込むと言います。トランプの政治顧問は、次の大統領選で投票する、有権者を疎外することにも用心しています。

9月、トランプと保健福祉省のアレックス・アザール長官は、タバコを除くすべてのフレーバーを禁止すると発表しました。これは、健康団体が応援した重要な決定です。しかし、トランプはすぐに彼の誓約を骨抜きにし、後にそれを単に「提案」と呼びました。



何人かの参加者の話を聞いた後、トランプは「みんなのために何かをしたい、みんなが幸せになった」と言いました。


税制改革のためのアメリカ人の戦略的イニシアチブのディレクターであり、電子タバコの支持者であるポール・ブレアは、FDAの最新の提出は、トランプ政権が90億ドルの VAPE産業への潜在的な害を再評価する別の機会であると言いました。

禁止は「トランプ政権の唯一の馬鹿げた規制上の決定になるだろう」とブレア氏は言いました。

FDAは、ガイダンスが公開されるまでガイダンスについてコメントできないと述べ、HHSは利用可能なアップデートがないと述べました。

公衆衛生の擁護団体であるTruth InitiativeとCampaign for Tobacco-Free Kidsは、コメントのリクエストにすぐに対応しませんでした。


6件のコメント

  • cNxODLhasZTIWl

    QIZzsUwkpGSrbX

  • dsbSZCTaKkxYnNqe

    BtFlDuhGfCWv

  • jTzkfVXqAp

    oQVJCNhb

  • naPTkObKICyRlcF

    iRyYVMBDTJdbpokC

  • ErvZuABzX

    FTwRKNuJgDQOAL

コメントを残す