FDAから通達状況とTFN製品について

FDAから通達が来ているメーカーがこちらから確認できます。

今後について、

まず、FDAの承認がない商品も輸出については問題がございません。

さらに、現在FDAの管轄外のTFNを使った商品は、しばらくの間、問題なく仕入れが可能になると思われます。タバコフリーニコチンとはタバコを使わないで製造されたニコチンのことです。こちらのTFNで合成的に作ったものであればFDAの指導の管轄外でPMTAの申請が不要です。FDAのPMTA申請却下をされた企業はTFNでの商品提供を続けると発信しています。

TFN Nicotine

既にTFNを使った商品を製造しているメーカーは Air Factory, Basix, Cloud Nurdz, five Pawns, Juice head, Noms, Reds Apple, INFZF, Vapewell, Enfuse, Ripe vapes, NKTR, Freemanなどです。基本的にはタバコ由来のニコチンいり商品への高い消費税対策、PMTA申請対策などで使用されています。

コストは普通のタバコ由来のニコチンよりかなり高く、導入している会社が多くありません。また、味もニコチンの味がないので、人によっては物足りなく感じる場合もあるようです。逆に純度が高いためフレーバーの味を損いにくい特徴があります。

つまり、どのメーカーもTFNを投入すれば当面は販売が可能となります。商品コストは0-2割上がる可能性がございますが、それ以外はTFNを規制するまで問題な差そうです。

 


コメントを残す