JUULがマンゴーなどのPODを販売を停止

JUULは10月17日からマンゴー、フルーツ、キューカンバー、クリームのフレーバーポッドの販売を辞めました。

原文はこちら

 

電子タバコ大手のJUULは、米国の禁止措置前に、すべてのフルーティーなフレーバーの販売を停止

記事まとめ
  • Juulは、フルーツ風味の電子タバコの販売を停止すると述べています。
  • Juulは、ミント、メンソール、タバコのフレーバーを引き続き販売します。
  • トランプ政権は、10代の大流行の中で風味付けされた電子タバコの禁止を準備しています。

Juulは木曜日、人気のフルーティーな電子タバコのフレーバーの販売を、市場からすべてのフレーバーの電子タバコを取り除くと予想されるトランプ政権の方針に先立ち、直ちに中断すると発表しました。

Juulは昨年、Food and Drug Administrationからの圧力を受けて、小売店での風味付き電子タバコの販売を停止しました。 顧客は、年齢制限のあるWebサイトで、フレーバー(クリーム、マンゴー、フルーツ、キュウリ)のみを入手できました。

トランプ政権当局は、ミントやメントールを含む風味付けされたポッドをすべて取り除き、タバコ風味の電子タバコのみを市場に残すと述べました。 ジュルは、その間ミントとメントールのニコチンポッドの販売を継続すると述べています。 同社は、新しいポリシーはすぐに有効になると述べました。

「私たちは、FDAのフレーバーガイダンスに先立ってポリシーと慣行を見直し続けており、最終的な決定は行っていません」とJuulのスポークスマンAustin Finanは声明で述べました。 「フレーバーガイダンスの草案について行政にロビー活動を行うことは控えており、有効な場合は最終ポリシーを完全にサポートおよび遵守します。」

10代のvapingの流行と致命的なvaping関連の肺疾患の発生の中で、トランプ政権は先月、FDAがそれらをレビューして棚に戻すことを許可するまで、すべての風味のある電子タバコを市場から取り除く準備ができていると述べました。 当時の管理当局は、計画は数週間以内にリリースされると述べた。 彼らはまだ生産していない。

Juulは、10代の大流行を引き起こしたと非難されています。 同社の売上高は、電子タバコを使用していると言う中学生や高校生の割合とともに、過去数年間で急上昇しています。 ジュルは、規制当局や議員と協力する企業としてのイメージを徹底的に見直しようとしました。

タバコ大手のアルトリアは、昨年後半にJuulの35%の株式に128億ドルを投資しました。 同社はJuul CEOの Kevin Burnsを長年のAltriaエグゼクティブKC Crosthwaiteに置き換えました。彼はAltriaエグゼクティブの仲間であるJose Luis Murilloを雇い、Julの規制戦略を監督しました。

Juulは、ほとんどのフレーバーの販売を停止するという決定を、変化へのコミットメントの兆候として位置付けようとしました。

「社会の信頼を獲得し、規制当局、政策立案者、利害関係者と協力して未成年者の使用と闘いながら成人喫煙者に代わるものを提供することにより、蒸気のカテゴリーをリセットしなければならない」とクロスウェイトは声明で述べた。

批評家はミントの販売を継続するというJUULの決定にすぐに襲いかかりました。

「ミントとメンソールのフレーバーを市場に残しているという本日の7月の発表は、新しいリーダーシップの下で少しも​​変わっておらず、青少年の使用を防ぐことに真剣ではないことを示しています」。

疾病対策予防センターの2019年全国青少年たばこ調査の予備データによると、蒸気を吸う高校生の間で、ミントとメントールは果物の次に人気のある味でした。 Wells Fargoのアナリストは、ミントやメンソールなどのフレーバーが、過去1年間のJuulの約33億ドルの売り上げの約80%を占めると推定しています。

修正:この記事は、市場からタバコを除くすべてのフレーバーを除去することを要求したトランプ政権であることを修正するために更新されました。


コメントを残す