フレーバーリキッド入りPODの禁止はすぐ、今週中に発表か

ニューヨークタイムズとウォール・ストリートジャーナルの記事をまとめた記事が出ています。

簡単にまとめると、FDAは短期的にメンソールとタバコ以外のポッドの禁止を行う予定。トランプは選挙を念頭に置き、安全と分かれば市場に戻す予定と話しているとのこと。また禁止はクローズドシステムのみが対象。(追記 2020年2月1日〜禁止に確定)

ニュースの原文はこちら

The Verge By 

FDAはほとんど全てのVAPE PODを禁止する予定です。

しかしトランプ大統領からの発言ではPODは市場に復帰することができることを示唆しています。

ウォールストリートジャーナルによると、メントールとタバコを除くすべての風味付けされた電子タバコポッドは、今週中に計画を発表する可能性のある食品医薬品局(FDA)によって禁止される予定です。 ニューヨークタイムズ 

フレーバーポッドの禁止は、ベーピングによる肺損傷が増加していた9月に最初に浮上したほぼ完全なフレーバードベイプ禁止から一歩後退したものです。 注目すべき2つの変更点があります。タバコに加えて、メンソール香味料が許可されます。 また、フレーバー禁止はポッドにのみ適用されます。レポートによると、フレーバーのニコチン液は、オープンタンクシステムで引き続き販売できます。

禁止は10代のvapingの増加を抑えることを意味します。 オープンシステムは10代の間ではあまり人気がないと見なされているため、管理者は、Juulが使用しているポッドに注目しています。 この免除は、奇妙な政治的反発への対応でもあります。最初の広範なフレーバー禁止の呼びかけの後、vapingグループは、そのような禁止が2020年にトランプ大統領を選挙で傷つけると主張しました 

昨夜の発言の中で、トランプ氏は、vaping禁止が「非常にすぐに」発表されると言いました。

彼はまた、フレーバーの禁止は永久的ではないと述べました。 フレーバーは「一定期間」除去され、安全性がチェックされ、安全であるとみなされた場合は市場に戻る可能性があります。 「うまくいけば、すべてが安全であれば、彼らは非常に迅速に市場に戻ります」とトランプ氏は語った。

FDAの禁止に関する最初の報告では、安全性チェックや市場への復帰の可能性については言及していません。 トランプは現在、vapingで起こっている複数の問題を混同しているようですので、エージェントが何を発表するかは完全には明らかではありません。 トランプは、現在50人以上を殺した肺の負傷を言及しているように見えますが、この禁止はその問題に対処するためのものではありません。 肺の損傷は風味のあるポッドによって引き起こされるようには見えません、オープンシステム用に設計されたさまざまな液体、時には闇市場のブランドに由来するようです。

「私たちは家族を守らなければなりません」とトランプは言いました。 「同時に、それは大きな業界であり、業界を保護したいと考えています。」

Juulは、禁止を見越して、メントールとタバコを除くすべての風味のあるポッドの販売を既に停止していますが、禁止は、スイカとブルーベリーのニコチンのポッドを提供するNjoyのような競合他社から風味のあるポッドをなくすことになります。


6件のコメント

  • xYJwIiqNvX

    krAiMUdJtQml

  • QAhFyvtacsqV

    tWCnpOHIw

  • vHYPanmiK

    WUumNeyGFota

  • rysJCabK

    iZGrHpfxaYmgUQNP

  • bFWQDoVns

    uprvDXCxQwdH

コメントを残す